エックスタイピングについて


このサービスは英単語をスムーズに記憶することを目的作られました。特に、音声を確認しながら、タイピングで英単語を打つことを反復することで記憶への定着を図ります。また、その際に、 単語の部品である接頭辞、接尾辞、語根、連結辞を意識して、タイピングすることをお勧めします。特に、単語のスペルをそのまま覚えようとすると、なかなか記憶に定着しません。覚えていてもスペルを書くことができなかったりします。 本サービスを、有効に利用する為には、接頭辞、接尾辞、語根、連結辞をある程度覚えることをお勧めします。



【 Xタイピングの名前の由来 】

エックスタイピングのエックスの由来は、未知数を表し、エックスに単語・ワードをあてはめて、オリジナルのタイピングコンテンツを作成できるという意味合いで名づけました。

【 Xタイピングの特徴 】

  • ・自分でオリジナルのタイピング集を作ることができる。
  • ・音声を確認しながら英語をタイピングできる。
  • ・作成したリストをPDFでダウンロード可能。
  • ・公開することにより共有することが可能。
  • ・各試験に対応した、タイピングメニューの提供。
  • ・単語の部品(接頭辞、接尾辞、語根、連結辞)の確認。


【 効率のよいタイピング記憶 】

タイピングは実際に手書きするより記憶に効果的ではないと言われますが、それはやり方次第で効果あるものに変わります。 特に、接頭辞、接尾辞、語根、連結辞を覚えて、意識しながらタイピングすることは、効果的ですが、知っておく単語の部品の量だけでも、かなりの数になります。 また、接頭辞や接尾辞を覚えただけでは、イマイチイメージがわかない場合があります。そこで、連結辞を先に、覚えることをお勧めします。
連結辞とは、複合語ともよばれ、単に単語と単語をつないで、新しい単語を形成します。連結辞は、接頭辞や接尾辞に比べて、それ自体で意味が強く、また、語根に比べて、語と語の継ぎ目に変化が少なく、記憶に定着しやすいです。[連結辞]+[連結辞]、[連結辞]+[単語]、[単語]+[連結辞]…のように、単純に理解できるので、優先順位としては、まずは、連結辞を覚えていくことを推奨します。 特に、専門用語になってくると、大部分に、連結辞が含まれますので、知っておくことは必須となります。

[スポンサーリンク]